よくある外壁塗装トラブル~チェック項目

後悔のない外壁塗装をするためには、「よくある外壁塗装トラブル」を事前に把握することが大切なポイントです。これから外壁塗装をしようというときには、以下のようなチェック項目を参考に失敗を防いでいきましょう!

 

よくあるトラブル~チェック項目

 

チェック1:塗料!予算を考えながら塗料選びをしよう!

外壁塗装をするときに塗装業者とよくトラブルになるのが「塗料」の問題です。

塗料の相場を知らないと、業者からただ高いだけの塗料をすすめられてしまいます。実際には自分が思い描いていた品質の塗料であれば、費用はもっと安く済んだのにということもあります。

イメージどおりの耐久性に優れている塗料が使えれば一番いいのですが、「いま必要な塗料はどのタイプなのか」を見極めて、「予算を考えながら塗料選び」をしたほうが、あとになって後悔する可能性を減らすことができるでしょう。

 

チェック2:下地処理!汚れやキズをしっかり洗浄、補修できているかチェック!

塗装業者とよく相談して最適な塗料を選んだあとは、実際に作業が行われるそれぞれの工程に注意しながらトラブルを回避しましょう。

塗装作業中にチェックしたい項目の一つが、「下地処理」です。下地処理は塗装をするまえのとても重要な作業であり、下地処理がどれだけきれいにできているかで塗装の出来栄えに影響するといっても過言ではないからです。

高圧洗浄でしっかりと壁についた汚れを落として、ヒビ割れやシーリング部分の劣化しているときには修繕や補強をすることで、外壁の塗面をきれいに保ち、塗料を塗って頑丈な外壁にすることができるのです。

 

チェック3:「工期」が守られているかを確認!

専門的な塗装の知識がなくてもトラブルを防止することができます。

たとえば、業者からの見積もりで明らかに「工期が短い」ときには注意が必要です。一般的な一戸建て住宅の外壁塗装には、通常「8日から12日ほど」の日数がかかるのが一般的です。これよりも極端に短い工期であれば手抜き工事をされる可能性も無きにしも非ずということで注意が必要です。

 

チェック4:外壁の状態による「保証範囲の確認」

外壁塗装の寿命は、使っている塗料の種類や耐用年数のほかにも塗装の仕方によっても大きく異なります。

塗装業者によっては「保証範囲」の年数や内容にばらつきがあるため、契約を交わすときにかならず保障内容の詳しい内容を確認しておきましょう。塗料の一般的な耐用年数以上の保障期間がある業者は危険ですし、ヒビ割れが起きた原因が塗料以外にあるといったケースでは保証外にしている業者が一般的です。

 

チェック5:「契約内容」をよく確認して、慎重にサインをしよう!

「契約書の内容」にすべて目を通したうえで契約を交わすことはもちろんのこと、契約を急かしたり、説明が不十分だったりする業者には気をつけましょう。訪問営業や電話営業などで無理やり契約を交わしてしまったときには、契約日から8日間以内であればクーリングオフ制度が利用して契約を解除できるので覚えておきましょう。

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

外壁塗装業者は、数も多くまたサービス内容もまちまちで、「自分だけで探すとかなりの確率で失敗する業界」と言っても過言ではありません。もちろん良いサービスもありますが、同じサービスを数十万円も安くできることが珍しくないのです。当サイトでは、失敗しない外壁塗装業者の選び方についてを紹介しています。是非御覧ください。おすすめの外壁業者の選び方の記事へ