【サイディング外壁】シーリング材の打ち替え・打ち増し費用

最近の外壁の主流となっている「サイディング外壁」は、サイディングボードというボードをいくつも張りつけてある外壁です。ボードとボードのあいだには目地と呼ばれる隙間ができます。そして、この目地を埋めているのが「シーリング材」という素材です。

シーリング材を埋めると、雨や湿気による外的な影響から建物を守ることができます。しかし、サイディング外壁で最も経年劣化が起こりやすいのも、このシーリング材だということを覚えておきましょう。

 

●合わせて読みたい

はじめての方必見!外壁塗装の費用相場ってどのくらい?

 

シーリング材の打ち替え・打ち増し費用について

シーリング材の打ち替え・打ち増し費用

サイディング外壁のシーリング材は、だいたい「10年ほどの周期」でメンテナンスをするのが推奨されているようです。なお、劣化している古いシーリング材は、「打ち替え」か「打ち増し」をすることで修繕します。

 

シーリング材の「打ち替え」にかかる平均費用とは?

シーリング材の劣化が激しいときは、シーリング材をすべて取ってから新しいシーリング材を重鎮します。これを「打ち替え」といいます。

シーリング材の打ち替えにかかる平均費用は「700円~1,200円/m」です。

打ち替えは、打ち増しにくらべて耐久性や耐水性などの効果が高いのでおすすめですが、古いシーリング材を取りのぞくための費用が追加でかかるので、打ち増しよりも費用が高くなります。

 

シーリング材の「打ち増し」にかかる平均費用とは?

シーリング材の「打ち増し」は、シーリング材の劣化があまり激しくないときに使える修繕方法です。もともとあるシーリング材の上に、新しいシーリング材を上乗せして重鎮します。

シーリング材の打ち替えにかかる平均費用は、「700円~900円/m」です。

打ち増しができるかどうかは、塗装業者が実際に外壁の状態をみて判断をします。もしも、ひどく劣化している素材のうえに新しいシーリング材を重鎮したとしても、昔のヒビ割れの隙間から雨水がしみ込んでしまったり、ヒビ割れが拡大したりこともあるので、そのようなときには打ち増しよりも、少し費用が高額になる打ち替えをしたほうがいいでしょう。

 

シーリング材の修復は外壁塗装と同じ時期にしたほうがいい!

シーリング材の修復は外壁塗装と同じ時期にしたほうがいい

シーリング材の打ち替えや打ち増し費用には、足場の組み立てや解体のための費用が別途かかります。もし、近い将来に外壁塗装をしようと検討しているときには、「シーリング材の修復は外壁塗装と同じ時期にしたほうがいい」でしょう。

外壁塗装をするときには、もちろんシーリングの補修も行いますし、なにより足場の組み立てや解体費用がかかるリスクを一回で抑えることができるからです。

お住まいの環境によっては、外壁素材よりもシーリング材が先に劣化してしまうことがあります。そのときは劣化の状態から判断して先にシーリングの修復をせざるを得ないこともあるので、外壁塗装の専門業者によく確認してもらいましょう。

 

 


まとめ

シーリング材の打ち替えや打ち増しをするには、外壁の上層部にまで手が届くように足場の組み立てが必要になります。そのため、材料費や工賃費のほか、足場費用もかかります。今回ご紹介したサイディング外壁のシーリング材の補修メンテナンスにかかる費用相場をある程度参考にしていただき、正確な価格はプロの塗装業者に見積もりしてもらいましょう。そして見積りをもらうときには一社ではなく、いくつかの業者に見積りをしてもらって比較検討したほうが安心です。

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

出されている見積もりも、相場ぐらいといわれているけど本当かわからない。 自分の家に必要十分なプランになっているのかもわからない。 私もそうでした。   業者に問い合わせるにも何を聞いたらよいのかわからない状態だったところで、 友人の友人が塗装業者だったので聞いてみました。 すると、業者に直接聞くよりも、内容に合わせて適切な業者を紹介してくれる専門のサービスが無料であるので、 それを利用したほうが良いと教えてもらいました。   自分の物件と、塗装検討箇所と、携帯の電話番号を入力するだけで、 すぐ塗装の相場を送ってくれます。 その後、簡単に電話で質問に答えていけば、おすすめの業者をピックアップしてくれます。 もちろん断るのも自由です。 私はこちらを利用して、当初の見積もりより30万円近くは安く、 あとは先の知り合いの知り合いの業者の方曰くですが、 内容も良い施工をしていただくことができました。

安く良いものを!外壁塗装を一括見積するならこちら

ヌリカエ