外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

外壁塗装のモニター商法に注意!被害に遭わないために気をつけたいこと

外壁塗装のトラブルの原因でもある「モニター商法」。これは、無理やり契約を取りつけようとする営業マンがよく使われている商法です。少しまえよりはその件数は減ってきた(?)ようですが、いまでも突然の訪問営業や電話営業によって悪質な被害を受けている人もいるので十分に注意しましょう。

 

外壁塗装のモニター商法ってなに?

モニター工事商法とは

「モニター工事商法」は、おもに訪問営業や電話営業で営業マンが使っている販売方法の一つです。

モニター工事商法でよくある聞く営業トークに、「外壁に酷い劣化が生じていますよ」、「すぐに塗装しないと大きな欠陥になりますよ」、「今モニターになってくれたら半額で工事します」、「即日で契約してもらえたら、さらに割引します」、「なんと足場代は無料です」といったことがあります。

冷静になってからこういった言葉を聞けば、即日に契約するなんてありえない!ときっと思いますよね。でも、そんなふうに思っていた人でも、実際に営業マンが目の前にいて突然不安なことをまくし立ててこられると「一応話しだけでも聞いてみようかな・・・」という気持ちになってきて、結局長々と営業マンの話を聞いてしまうのです。

 

消費者を不安にさせることがモニター商法の恐いところ

外壁塗装の営業マンは、消費者の不安をかき立てるような要素をつぎつぎと提案してきたり、モニター割引をするからとお得感をだしてきたりするので、知らず知らずのうちに営業マンの口車に乗せられてしまうのです。

モニターになってくれたら半額という営業文句は、契約をとるための口実です。実際にはモニター募集などしていないことがほとんどですので、決して騙されないように気をつけましょう。

 

モニター商法の「半額」の罠とは?

モニター工事商法に引っ掛かって万が一契約をしてしまったとしても、まったく工事が受けられないことではありません。

モニター割引を営業文句に訪問営業をしている会社は、実際の外壁塗装の作業については「下請け業者」に任せています。営業マンは下請け業者に契約者を紹介したということで、「紹介料」を受けとることができるのです。

そのため、契約を取りつけることが仕事の営業マンは、塗装技術はまったくない素人であり、営業マンが所属している会社も自社で外壁塗装をすることはまずありません。さらに、営業マンは決まった紹介料を受けとることができるので、外壁塗装の価格が半額で契約を取ってきても何ら問題はないのです。

むしろ問題になるのは、その下請け業者です。少ない価格で外壁塗装をしなければならないため、費用を節約するために塗料を薄くして使ったり、作業員を減らすかわりに手抜き作業を行ってしまったり、という悪質な行動を起こしてしまう可能性が高いのです。

 

もし、モニター商法の契約をしてしまったら?

モニター工事商法の契約をしてしまったら

モニター工事商法に出くわして、契約を交わしてしまったケースは多く報告されています。しかし、万が一契約してしまったとしても諦めるのはまだ早いです。

訪問営業や電話営業で契約をしてしまったときには、「クーリングオフ制度」を適用させて契約を解除することができる場合もあるからです。

契約日から8日以内であれば契約を解除できますので、早めのうちに申請をするようにしましょう。また、契約者自身が業者を自宅に招き入れて契約を交わしたときには、クーリングオフ制度は適用されませんので気を付けましょう。

 

訪問営業の消費者心理をついた巧妙な営業トークに注意!

営業マンによる営業トークを甘く見てはいけません。

自分は大丈夫と思っている人でも有無も言わさぬ弾丸トークに引きこまれて、無意識のうちに営業マンの手の内に入ってしまうのです。営業マンが自宅に訪れるまでは外壁塗装について微塵も考えていなかったのに、一種の洗脳のようなパワーによって仕方なく契約を交わしてしまうのです。

 

 


まとめ

外壁塗装の営業マンは一日に数十軒以上の住宅に営業まわりをしています。そのため、契約がとれそうだなといった人の特徴をよく熟知しています。この言い回しがダメなら次はこれ、といったように営業トークの種類はとても膨大です。

このことからも、訪問営業や電話営業のモニター工事商法に引っかからないためには、とにかく営業マンは「家に入れない」、かかってきた電話には「嘘をついてでもすぐに切る」ということが大切になるでしょう。

関連記事

戻る