外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

外壁塗装の悪質な業者の手口や注意したいこと

外壁塗装を専門の塗装業者に依頼するときは、「悪質な業者」を選んでしまわないように細心の注意を払う必要があります。

以下は、悪質な業者といわれる業者の手口や注意したいことについてまとめています。

 

外壁塗装で悪質な被害に遭うケースが結構ある!

外壁塗装は家の寿命を長く保つためにとても重要な住宅リフォームの一つです。家全体を塗装しなおすため、作業にかかる費用は決して安くはありませんよね。

それゆえ、専門の塗装業者に塗装をお願いするときには慎重かつ、じっくりと打ち合わせをすることが大切です。

しかし、残念なことになかには「悪質な業者」による悪質な被害を受けて、重大な損害を受けたというトラブルも少なくないのが現実です。

塗装に精通していない一般の方にとっては、優良業者と悪質な業者を見極めることは決して簡単なことではありません。

例えば、外壁塗装のトラブルとして多く報告されている被害に「手抜き作業」がありますが、実際の作業中に塗装のプロ以外が手抜き作業であることを見抜くのは先ず不可能です。数年で塗料が剥がれてきた、劣化するスピードが速いなど、経年劣化が早く起きていしまったことで、やっと手抜き作業をされていたことに気づくのです。

第一印象だけでは業者の良し悪しを判断するのはむずかしいのですが、悪質な業者がよくやる手口を知ることで、こういった被害には遭わないように気をつけることはできるでしょう。

 

突然やってきた訪問販売の営業に注意!

最近は少なくなりましたが、以前までは「訪問販売」の営業によるトラブルが多く報告されていました。

訪問販売の手口は、外壁の劣化が深刻な状態に陥っていると不安をあおったうえで、今なら特別安い価格で塗装ができるなどと巧妙な営業トークで契約を取りつけるといったことです。このように契約してしまった消費者はたくみな営業トークに完全に飲まれてしまい、考えるひまなく契約書にサインしてしまっているケースが多いようです。優良業者であれば考える時間も与えずに、急いで契約を結ぶようなことはまずありません。そのため、契約を急いでいるような業者や、不安をあおるような業者にはとくに注意する必要があります。

 

内容が詳細に書かれていない見積もりには注意!

外壁塗装を依頼するまえには、塗装業者から「見積もり」をもらいますよね。

見積もりをするまえには建物や塗装に関する簡単な質問に答えるだけで、おおよその見積もりを作成してもらうことができます。最初の段階ではいくつかの業者に見積もりを依頼して、費用や作業工程などいろいろなことを比較検討します。

その後は、塗装業者の担当者が現場の状況や建物の状態を確認しに現場に訪れます。確認作業が終了したところで最終的な見積もりが完成し、内容に相違がなければ契約書にサインをします。しかし、ここで契約を急いではいけません!

見積もりには塗装費用や塗料の種類だけでなく、今後の作業スケジュールやそれぞれの工程について、さらには各工程の1㎡当たりの単価などが詳しく記載されていることをよく確認しましょう。

それは、悪質な業者のなかにはこのような詳細をしっかり記載していない場合が多いからです。詳しい内容を確認するまえに急いで契約をしてしまうと、あとになって追加費用がかかる可能性もゼロではないからです。

このように、見積もりをみるときには詳しい内容まできちんと記載されているか確認し、曖昧な書き方があるようなときや気になる点(特に料金や使用する材料について)は遠慮せずにきちんと問いただすことがトラブルを回避するためには重要なポイントです。

 

格安の外壁塗装モニター割引に注意!

モニター割引に注意

「外壁塗装のモニターになると、今なら数十万円の割引が受けられる!」といった悪質な手口を使う業者がなかにはいます。

外壁塗装のモニターになれば格安で工事ができるという甘い営業トークは、契約を取るための口実です。実際に値引きをしてマイナスをした費用については、安い塗料を使い塗装の回数を減らしたり塗料を薄めて使用量を減らしたりすることで埋め合わせをしているのです。

優良業者の中でも割引サービスを行っていることがありますが、せいぜい数万円の割引くらいです。いきなり数十万円といった破格の割引を受けられることはまずありません。また、「足場代無料」と宣伝している業者もありますが、足場代が無料になることは実質ありません。このようなときには、足場代分の費用をほかの工程の単価を引上げることで補っているのです。

 


まとめ

いかがでしたか。今回は悪質な業者とよくトラブルになりやすいケースをいくつかご紹介しました。もちろん全ての業者がこのような悪質な手口を使うというはいえないのですが、残念ながら中にはこのような悪質な業者を覚えておくだけでもトラブルを回避するためには効果的です。

少しでも怪しいなと思ったときには依頼をしない、急な訪問販売は家にあげないなど、自らトラブルに巻き込まれないように慎重に塗装業者選びをすることが大切です。

関連記事

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

外壁塗装業者は、数も多くまたサービス内容もまちまちで、「自分だけで探すとかなりの確率で失敗する業界」と言っても過言ではありません。
もちろん良いサービスもありますが、同じサービスを数十万円も安くできることが珍しくないのです。当サイトでは、失敗しない外壁塗装業者の選び方についてを紹介しています。 是非御覧ください。おすすめの外壁業者の選び方の記事へ

戻る