外壁塗装を成功させるカギ!業者選びをするときにまずはこれが大切

外壁塗装を大成功させるカギ・・・、それは「外壁塗装業者の選び方」が大きなポイントです!!

いくら高品質の塗料や外壁材を選んだとしても、信頼できる業者に依頼できなければその効果を外壁にもたらすことはできないですよね。だからこそ、外壁塗装を依頼する業者を選ぶときには業者の特徴をよく見ながら慎重に選ぶことが大切なのです。

業者選びに失敗しないために、ぜったいに抑えておきたい「選び方の基本」を紹介します。

 

慎重に。即断はNG。

営業マンが住宅に飛び込みでやってきて、外壁塗装の工事をしつこく勧めてくる「訪問販売」があります。こういった訪問販売は、外壁のヒビ割れの状態がひどいですよ、すぐに塗装をしないと取り返しのつかないことになりますよ、といって家主の不安を促していくのが手口です。

もちろん外壁の塗装に剥がれやヒビ割れがあれば、早いうちに対処することが大切です。しかしそれでも、数日で急激に劣化してしまうことはないので、「即決での契約は避けて」ほかの外壁塗装業者にも料金や施工内容などについて色々と相談しながら「慎重に検討する」ようにしましょう。

 

いいことばかり言う営業トークに気をつけよう。

訪問会社の営業トークには気をつけよう。

悪質な外壁塗装業者は素人がみても分からないからと「手抜き工事」や「見積もり料金の上乗せ」をしていることがあります。

とくに飛び込み営業をしている営業マンのなかには、工事や材料などの説明はさておき、「いまなら大幅値下げをする!」といってうまい具合に契約を交わそうとします。

外壁塗装をすることで望むポイントによっては、予算よりもさらにコストをかけないといけないこと場合もあります。いいことばかり言うのではなく、時にはマイナスになることでも必要だと思うことを積極的に提案してくれる営業マンであれば、それだけ親身になって考えてくれていると信頼感が湧いてくるでしょう。

 

複数業者の比較検討をしましょう。

比較検討をしましょう

インターネットサイトで無料の見積もりを受けられるので、まずは即決での契約は絶対にせず、料金や作業工程、保証内容、使う外壁素材、そして総額費用など、いろいろと詳しく書かれた見積書を参考に「よく比較し検討すること」が大事です。

いくつかの業者の見積もりを比較し、料金が明らかに安いときや見積書の内容が曖昧になっているような業者には十分気をつけましょう。

 

見積書の内容をしっかり確認。

見積書は外壁塗装にかかる価格だけでなく、選んだ塗料や素材の種類、その数量、各工程の詳細など、いろいろなことについて記載されていますの「見積書の内容をしっかり確認」するようにしましょう。

なかには、見積書に塗料缶の数量を明確にせず記載していたにも関わらず、あとから数が足りないと追加請求をしてくるといった悪質な業者もいるので注意しましょう。

見積書の内訳のなかに「諸経費」といった項目もあります。この内容も決してあやふやにすることなく、内訳を詳しく確認しておくことが大切です。

 

 


まとめ

今回ご紹介した外壁塗装業者を選ぶときの基本以外にも、失敗のない業者選びをするときにポイントにしたいことはいくつもあります。このような業者選びのポイントをたくさん知っているほど選択肢は広がりますし、優良な業者と悪質な業者の見極めがつきやすくなるでしょう。

 

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

外壁塗装業者は、数も多くまたサービス内容もまちまちで、「自分だけで探すとかなりの確率で失敗する業界」と言っても過言ではありません。もちろん良いサービスもありますが、同じサービスを数十万円も安くできることが珍しくないのです。当サイトでは、失敗しない外壁塗装業者の選び方についてを紹介しています。是非御覧ください。おすすめの外壁業者の選び方の記事へ