損はしたくない!外壁塗装の見積価格が高くなってしまう要因と解決策

見積価格が高くなってしまう要因と解決策

塗装業者に見積もりしてもらえば、外壁塗装にかかる大体の費用を確認することができます。すべての一戸建て住宅が同じような見積価格になるとは限りませんし、なかには以下のようなことが原因で見積価格が高くなってしまうことがあります。

そこで今回は、外壁塗装で損をしないために「外壁塗装の見積価格が高くなってしまう要因と解決策」についてご紹介していきます。

 

●合わせて読みたい

はじめての方必見!外壁塗装の費用相場ってどのくらい?

 

見積価格が高くなる要因① 複雑な建物は費用が高くなりやすい

形状や間取りが「複雑な建物」は、シンプルな形状をした建物にくらべて「塗装をする外壁の面積が大きく」なります。そのため、見積価格が高くなってしまうのです。

たとえば、同じ坪数の一戸建て住宅であっても、形状が複雑な家ほど外壁面積が広くなるので、使う塗料の量や作業の量、そして足場の組み立てなどの費用も多くかかります。

外壁面積の差が大きいほど外壁塗装にかかる費用が高額になります。

そのため、場合によっては同じ坪数の家であっても、見積価格に数十万円ほどの差が生じる可能性があるのです。

 

《解決策の例》

すでに建っている家では難しいですが、もしこれから家を建てようというときには、将来的に外壁メンテナンスの必要性を考慮して「複雑な設計や形状」の家にすることを避けるといった解決策があります。外壁の面積を少なくすれば、それだけ外壁塗装にかかる費用を安く抑えられるからです。

 

 

見積価格が高くなる要因② 木材や鉄部分に劣化があると費用が高い

外壁塗装のメンテナンスを怠ってしまうと、木材部分や鉄部分にまで劣化が広がってしまうことがあります。木材部分が腐ってしまっているときは、腐食部分をきれいに除去しなければなりません。鉄部分にサビがついていると腐食が進んでしまうので、木材と同じくきれいに「ケレン」をする必要があります。表面にだけついた腐食であれば除去も簡単ですが、外壁の種類によっては表面がざらざらしていたり、凹凸だったりすることもあるので、すべての腐食を落とすには時間がかかります。このように、木材や鉄部分の状態がひどいと、作業内容が多くなることだろうと判断されて、見積価格が割り増しになってしまうのです。

 

《解決策の例》

外壁塗装の表面にサビなどの汚れが広がってしまうと、それだけ修繕費用が高くなります。このようなことを避けるためには、サビが発生しないように事前に対策をしておく、またはサビが発生したときに早めに取り除くなどの対処をすることが大切です。

 

 

見積価格が高くなる要因③ 外壁内部の劣化は補修費用が割高になる

外壁のトラブルでとくに重い現象が、「外壁内部まで浸透した劣化」です。小さな亀裂から雨水やカビなどの汚れがしみ込んでしまうと、外壁を通りこして「外壁の内部」にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

外壁の内部は、建物の構造を支えている部分なので腐食が進むと家が傾いてしまう可能性や、地震などの大きな揺れに耐えられない可能性、最悪の場合は崩れやすくなってしまう可能性だって考えられます。このような段階に陥ってしまった建物は、外壁塗装だけでは不十分で、「大工工事」といった大掛かりな修繕が必要です。

大工工事になると、作業員や修復材料がさらに必要となりますので、必然的に費用が高額になるのです。

 

《解決策の例》

外壁の内部にまで劣化進んでしまう最大の原因は、外壁の汚れやキズなどの劣化を長期間そのままに放置してしまったからです。外壁の劣化はひどくなるまえに対処することが大切です。早めのうちに対処しておけば、最悪の事態を引き起こすことなく、外壁塗装の見積価格が高くなることも防げるはずです。

 

 

見積価格が高くなる要因④ 狭所作業費用の追加!?

「作業がしにくい外壁」は見積価格が高くなることがあります。

作業をしにくい環境にある住宅は、都心に多くあります。となりの住宅と密接して建っていることがほとんどなので、足場を組み立てるのも苦労します。職人さんが塗装作業をしづらいような環境や、足場の組み立てが難しい住宅の場合は、「狭所作業費用」が追加でかかることがあります。

 

《解決策の例》

外壁の横にスペースが少ないというようなときには、狭所作業費用が追加でかかる可能性が高いです。スペースが狭いことはどうしようもないので、解決策としては外壁塗装の周期をできるだけ延ばすということです。外壁に耐久性をもたせることができれば、汚れにくい外壁にすることができます。汚れにくくなればそれだけ外壁塗装の回数を減らすことができます。このようにして、外壁塗装にかかる費用を抑えるようにしましょう。

 

 


まとめ

外壁塗装にかかる費用の見積もりをするときには、住宅の形状や外壁の状態、そして面積など、いろいろなことが影響します。見積価格が高くなりそうな要因を知っておけば、事前になにか対策を投じることもできますし、外壁塗装にかかる費用の面で損をすることも少なくなるでしょう。

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

出されている見積もりも、相場ぐらいといわれているけど本当かわからない。 自分の家に必要十分なプランになっているのかもわからない。 私もそうでした。   業者に問い合わせるにも何を聞いたらよいのかわからない状態だったところで、 友人の友人が塗装業者だったので聞いてみました。 すると、業者に直接聞くよりも、内容に合わせて適切な業者を紹介してくれる専門のサービスが無料であるので、 それを利用したほうが良いと教えてもらいました。   自分の物件と、塗装検討箇所と、携帯の電話番号を入力するだけで、 すぐ塗装の相場を送ってくれます。 その後、簡単に電話で質問に答えていけば、おすすめの業者をピックアップしてくれます。 もちろん断るのも自由です。 私はこちらを利用して、当初の見積もりより30万円近くは安く、 あとは先の知り合いの知り合いの業者の方曰くですが、 内容も良い施工をしていただくことができました。

安く良いものを!外壁塗装を一括見積するならこちら

ヌリカエ