外壁塗装費用を節約するために、ちょっと為になる裏ワザをご紹介します!

築10年以上建っているから外壁塗装をしたいのは山々、でも費用が高くかかりそうで不安・・・、と考えている人も多いのではないでしょうか。

たしかに、一戸建て住宅の外壁をまるまる修繕することが多いので、数万円でできる工事ではありません。でもすぐにはまとまったお金を準備できないし、でもこのままだと外壁が悪くなる一方・・・と、もうどんどん堂々巡りを繰り返してしまいます。

このように悩んでいる最中にも外壁は経年劣化していくので、はやめのうちに外壁塗装をする覚悟を決めたほうがいいでしょう。

外壁塗装費用は、手抜き作業になる可能性も踏まえると必要以上に値引き交渉するのはあまりおすすめできません。そこで今回は、「外壁塗装費用を節約するための裏ワザ」をいくつかご紹介します。

すでに知っている方もいるかもしれませんが、もし知らないと損をしてしまったり、もったいない思いをしてしまったりするので、まだ知らなかったという方はぜひ参考にしてみて下さいね。

●合わせて読みたい

はじめての方必見!外壁塗装の費用相場ってどのくらい?

(1)自治体のリフォーム支援制度を使った外壁塗装をする!

自治体のリフォーム支援制度

外壁塗装にかかる費用をなるべく抑えたいというときには、自治体のリフォーム支援制度である「補助金制度」や「助成金制度」をうまく活用するのも一つです。

このような支援を受けられるのは、すべての自治体ではありませんし、地域によって条件なども違います。

でも、お住まいの地域によっては、ある一定の条件を満たしていれば支援を受けることができるので、外壁塗装をするまえにはお近くの自治体に外壁塗装ができるリフォーム支援制度の有無を確認してみましょう。さまざまな条件をクリアして、審査を通過しなければなりませんが、制度を使うことができれば数十万円ほどの補助を受けることができるので、外壁塗装にかかる自己負担額を抑えることができるでしょう。

 

(2)住宅ローン控除で減税ができる!

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)」は、一定の条件を満たすことで減税を受けられる制度です。

新居の購入をはじめ、外壁塗装などのリフォームについても減税が受けられます。外壁の大規模な補修や、塗装の塗り替えをするときにはたいへん嬉しい制度です。

住宅ローン控除を受けるためには、リフォーム費用が100万円以上であることや、購入してから10年以内の物件であること、さらに今後10年間は住宅ローンを組むといった条件があります。なお、住宅ローン控除の申請には必要書類として「増改築等工事証明書」を提出しますので、あらかじめ業者に書類発行について相談しておくといいでしょう。

 

(3)火災保険の風災が適用になるかもしれない

お住まいのマイホームに「火災保険」を加入している人も多いのではないでしょうか。

火災保険が外壁塗装にどのように関係しているのかと不思議に思いますが、火災保険の中には「風災」という項目があり、これが外壁塗装に大きく関係しているのです。

自然災害による建物の破損については、火災保険の風災という項目が適用になる可能性があります。強風により屋根や外壁が吹き飛ばされた、破損したといったケースは風災として認められることがあるからです。しかし、経年劣化によりカビや藻などの汚れが発生している部分に関しては、保険適用外になります。

外壁塗装の状態が風災として適用になるか否かについては、外壁のプロに診断を任せたほうがいいでしょう。中には、火災保険が適用される事例に強いといった塗装業者もあるので、保険は使えないだろうと諦めてしまうまえに一度外壁の状態を確認してもらうようにしましょう。

 

(4)外壁塗装費用にローンを組むということ

外壁塗装費用にローンを組むということ

外壁塗装には高額な費用がかかります。必要なときにどうしてもお金が足りないといったときには、「ローン」を組んで外壁塗装の費用を支払っていくこともできます。

費用が工面できないからと断念している人にとっては、ローンを組むことで外壁塗装ができますので大きなメリットといえるでしょう。ローン返済分をまずは支払っていくので、外壁塗装の高額な初期費用の支払いに悩まなくて済みます。

しかし、外壁塗装の費用にローンを組むときにはちょっと注意が必要です。すでに新築を購入したときに住宅ローンを組んでいる人にとっては、外壁塗装のローンを組むことでさらに返済額が上積みされてしまうからです。

返済額が増えたり、返済期限が延びたりすれば、それだけ全額返済までに時間を要しますし、金利が増えてしまうことがデメリットにもなりかねません。そのため、外壁塗装の費用を工面するためにローンを組むときには、よく検討したうえで決定するようにしましょう。

 

 


まとめ

外壁塗装費用を支払えないために塗装作業を先延ばししてしまうと、さらに劣化が進んでしまい結果的に費用がもっと高くなってしまうことがあります。そのため、早めのうちに塗装をする必要があります。できるだけ経済的な負担を軽減するためには、今回ご紹介したような外壁塗装費用を節約するための裏ワザなどを参考していただける幸いです。

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

出されている見積もりも、相場ぐらいといわれているけど本当かわからない。 自分の家に必要十分なプランになっているのかもわからない。 私もそうでした。   業者に問い合わせるにも何を聞いたらよいのかわからない状態だったところで、 友人の友人が塗装業者だったので聞いてみました。 すると、業者に直接聞くよりも、内容に合わせて適切な業者を紹介してくれる専門のサービスが無料であるので、 それを利用したほうが良いと教えてもらいました。   自分の物件と、塗装検討箇所と、携帯の電話番号を入力するだけで、 すぐ塗装の相場を送ってくれます。 その後、簡単に電話で質問に答えていけば、おすすめの業者をピックアップしてくれます。 もちろん断るのも自由です。 私はこちらを利用して、当初の見積もりより30万円近くは安く、 あとは先の知り合いの知り合いの業者の方曰くですが、 内容も良い施工をしていただくことができました。

安く良いものを!外壁塗装を一括見積するならこちら

ヌリカエ