外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

注目度急上昇中の「遮熱塗料」と「断熱塗料」の魅力

外壁塗料を選ぶときに、なにを考えながら選んでいますか?

外壁塗装の定番の塗料をつかったり、業者にいわれるままに塗装をしたりということは、ちょっと前までの傾向でした。

いまでは、せっかくお金をかけるならこだわりを持ちたい、いろいろ考えて何が一番失敗のない選択なのかを考えながら決めたい、といった感じで、ただの塗料からプラスαの効果を期待している人が多いようなのです。

そこで今回は、「つぎの外壁塗装では、こだわりの塗料を使いたい!」という方におすすめの、注目度急上昇中の二つの特殊な塗料をご紹介します。

 

省エネ効果が高い塗料といえば、「遮熱塗料」!

ここ数年、大きな話題となっている特殊塗料の一つが「遮熱塗料」です。遮熱塗料の最大のメリットは、省エネ効果がとても高いということです。

 

遮熱塗料ってなに?

「遮熱塗料」は、太陽の熱を反射させることで、外壁や屋根などの表面温度を低く抑えることができる塗料のことです。

外壁や屋根の温度が下げることができれば、室内の温度を必然的に下げることができますよね。この効果を使うと、夏場の暑い時期にはエアコンによる電気の消耗を抑えることができて、省エネ効果が期待されます。

 

遮熱塗料の耐用年数やメリット・デメリット

遮熱塗料の耐用年数は、約10年~20年ともいわれていて、製品によって効果に波があるようです。この耐用年数の長さからも分かるように、耐久性の高さがメリットの一つです。

そして、遮熱できるという特徴によって、二酸化炭素の削減やヒートアイランド現象の抑制などに大きな効果があります。遮熱塗料を使うことで、自然と環境保護に貢献することにつながっているのですね。

一方で、遮熱塗料のデメリットといえば、外壁が汚れてしまうと遮熱効果が発揮されないということや、ほかの塗料にくらべると価格が高いということです。

さらに、もともと遮熱効果のある色(白やクリームなど)で塗装してある外壁に遮熱塗料を塗ってもそれほど効果は変わりません。ということは、熱を反射しにくい色(黒や茶色)の外壁には遮熱塗料の効果が発揮されるということでもあるのですね。

 

 

一年中快適な空間をキープするなら「断熱塗料」!

「断熱塗料」は、熱を反射させる遮熱効果がある遮熱塗料とは違い、熱伝動を抑える断熱の効果をもっている塗料のことです。

 

断熱塗料ってなに?

熱伝導の働きを抑えて、日光の熱が室内に入らないような効果があるのが、「断熱塗料」です。熱伝導の抑えることができる断熱塗料だからこそ、夏は室内を涼しくして、冬は室内の暖かさを逃がさずに、一年中快適な空間をキープすることができるのですね。

断熱塗料製品は、メーカーによって断熱性や遮熱性の効果のほかに、防音や防菌などといった効果をプラスさせた断熱塗料製品もあります。

 

断熱塗料の耐用年数やメリット・デメリット

断熱塗料は、耐用年数が約15年~20年です。

耐用年数が長いというメリットがあると、どうしても価格が高くなるというデメリットが生じてしまいます。

また、塗装職人の腕前によっては、下地処理や塗装の方法を間違ってしまったために、平均的な耐用年数よりも短い周期でまた塗り替えが必要になってしまうこともあるので注意が必要です。断熱塗料での外壁塗装をお願いするときには、かならずこれまでの実績や経験値を確認しておくと安心です。

 

 

遮熱塗料と断熱塗料の違いって?

省エネや節電を考えていると人は、家に断熱効果をもたらせたいと思っている人が多いようです。そこでよく比較されるのが、特殊な塗料として人気が高まっている「遮熱塗料」と「断熱塗料」です。

 

遮熱塗料は反射、断熱塗料は熱伝導を抑えるというという違い!

どちらも断熱効果をもっている塗料ではありますが、その断熱をするための性能がそれぞれ異なっています。

遮熱塗料は、日光による光や熱を「反射」させることで断熱効果を生み出しているのです。そのため、外側からの熱を室内に入れないように遮断することはできるので、夏の暑い時期には大きな効果をもたらします。それでも、冬に室内の温かさをキープするための性能はないので、冬には暖房をつかって部屋を温かくしなければなりません。

一方で、断熱塗料は、「熱伝導を抑える効果」がある塗料です。そのため、日光の光や熱を室内に入らないようにして、冬は室内の温かさが外に逃げないようにすることができます。熱伝導を抑える働きは、夏でも冬でも使えるため一年中快適な空間を作り出すためには断熱塗料のほうがおすすめです。

 

 


まとめ

1.遮熱塗料の最大のメリットは高い省エネ効果!
2.遮熱塗料の耐用年数は約15年~20年!
3.断熱塗料は熱伝導を抑える効果がある!
4.遮熱塗料の耐用年数は約15年~20年!
5.一年中快適な空間を保つなら、「断熱塗料」がおすすめ!!

 

断熱性のある塗料を使うと省エネや節電に大きな効果があるので、環境への取り組みの一環として取り入れようと考えている人が増えています。

断熱効果のある塗料として、今回ご紹介した「遮熱塗料」や「断熱塗料」が今まさに注目されています。高額な費用がかかる塗料ではありますが、その分メリットがとても多く、地球環境を抑制するための取り組みにもつなげていくことができます。

関連記事

外壁塗装業者を自分で見つけるのは難しいですよね。

外壁塗装業者は、数も多くまたサービス内容もまちまちで、「自分だけで探すとかなりの確率で失敗する業界」と言っても過言ではありません。
もちろん良いサービスもありますが、同じサービスを数十万円も安くできることが珍しくないのです。当サイトでは、失敗しない外壁塗装業者の選び方についてを紹介しています。 是非御覧ください。おすすめの外壁業者の選び方の記事へ

戻る