外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

外壁塗装の業者選び~ 資格を持った塗装職人さんがいる業者って優良なの?

外壁塗装の訪問営業をしている会社の多くは、自社施工ではなくて下請け業者に実際の工事を丸投げしています。

外壁塗装に関する資格を持っていなくても、だれでも外壁塗装の営業ができてしまいます。だからこそ、悪質なサービスをする業者が外壁塗装の世界に忍び込んでいるのですね。

そこで気になってくるのが、「業者を持っている業者って優良なのか」ということです。

 

資格を持った塗装職人さんがいる業者は優良なのか?
業者選びと資格の有無

外壁塗装に関する国家資格として「塗装技能士」という資格がありますが、試験を受けるためには実務経験が必要となります。

実際に資格を持っている人は外壁塗装に関する「知識や技術ともに優れた塗装職人さん」だといえるでしょう。しかし、「資格があるからといって必ずしも優良な業者であるとの判断ができない」のがむずかしいところです。

というのも、仕事をとってくる元請けの業者が「悪質な業者」であれば、資格を持っている職人さんがいる下請け業者は、少ない費用のなかで外壁塗装をせざる負えない状況に立たされてしまうからです。

悪質な営業マンが「資格を持っている塗装職人ばかりです」と軽快な営業トークをして契約を取ってきたところで、劣悪な状況下で作業をしなければならない下請け業者は不利な立場に置かれるだけです。少ない費用のなかでどうにか利益を出そうと、「手抜き作業をしてしまう」といった悪循環に陥ることがあるのです。

 

外壁塗装に関する国家資格「塗装技能士」とは?

塗装職人としての技術や知識を証明することができる国家資格「塗装技能士」。

この試験はだれでも受けられる試験ではありません。たとえば、2級塗装技能士は「実務経験2年」で受験できて、「1級塗装技能士」は2級塗装技能士資格を取得したあとに、さらに「実務経験7年」を有する人だけが受験を認められています。毎年の合格率も受験者の半数ほどということで、簡単に取得ができる資格ではないのは一目瞭然です。

資格を持っていなくても熟練した技術をもつ塗装職人さんも多くいますが、資格を持っているか持っていないかの違いで「信頼感」や「安心感」にもつながりますので、塗装業者を選ぶときにはポイントの一つになるでしょう。

 

資格を持っていて自主施工の業者をうまく探そう!

資格を持っている塗装職人さんが在籍している業者のなかには、下請けではなく「自社で契約を交わして」、外壁塗装の工事も「自主施工」していることがあります。すべてを自主で手配している業者であれば、契約を取ってくるだけの悪質な業者にコントロールされることはありません。

このような信頼と安心ができる優良業者を探すことが一番です。

優良業者を探すためには、インターネット上に掲載されている業者のホームページなどを参考にしましょう。実際の作業の流れが写真つきで分かりやすく掲載されていると何だか安心できます。

また、お客さまの声などがきちんと掲載されていることも重要なポイントです。文章ばかり書かれているホームページよりは、資格を持っている塗装職人さんの紹介や、代表の挨拶などがあればいっしょに確認してみましょう。

資格を持っている塗装職人さんがいることは業者にとって大きな強みですが、それが「下請け業者なのか」、「自社施工の業者なのか」で大きく意味合いが違ってくるので慎重に見極めることが大切です。

 

 


まとめ

資格を持っている塗装職人さんを悪用して契約をとろうとしている業者も残念ながら中にはいますので、見極めがとてもむずかしいところです。そのため、「訪問営業や電話営業は絶対に断る!」といった断固たる決意をもとに、業者のホームページや見積もりの内容などを参考に失敗のない業者選びをしていくことが大切なのです。

関連記事

戻る