用語集

足場組立

作業を行うために足を置く場所のことを足場といい、外壁塗装の場合は金属性の足場を組み立てます。足場の種類は単管足場うやくさび型足場などがあり、足場を安定させることで塗装師の安全を保ちます。また足場がしってかりしていることで塗装をきれいに仕上げることができるため大変重要です。

アクリル系樹脂塗料

アクリル系樹脂を用いた塗料です。色は無色で透明度が高く、塗ったあとの発色の良さが魅力です。他の塗料に比べると価格は安いですが、紫外線に弱いためひび割れを起こしやすく耐久年数が約5年から7年と短くなっています。

一括見積もり業者

複数の塗装業者から一括で見積もりが受けられるサービスが特徴の業者です。ウェブ上で気軽に利用できるほか、無料で料金の比較ができる点が最大のメリットです。塗装専門業者へ直接依頼する場合に比べ紹介マージンが上乗せされるので料金が高くなります。

ウレタン系樹脂塗料

ウレタン系樹脂を用いた塗料です。万能塗料と呼ばれる塗料であり機能性に優れています。アクリル系樹脂塗料よりは上ですが、シリコン系塗料と比べると防汚性の面で劣ります。耐久年数は7年から11年です。

上塗り

下地処理→下塗り→中塗りと完了したら、最後に行うのが上塗りです。塗料は中塗りと同様の色を使用します。中塗り、上塗りと二重に塗り合わせることで見た目の美しさや耐久性を保つことができます。

ALCパネル

日本語では軽量気泡コンクリートパネルといます。パネル内には気泡をいれているため、通常のコンクリートと比べると軽石のように軽量です。軽い造りは地震などによる衝撃を受け難くする効果があるほか、断熱・耐火・遮音性に優れています。水を含みやすい性質のため、防水性対策をしっかりと行う必要があります。

カビ

川や池、用水路、田んぼなどが近くにある環境では、外壁にカビ(藻)が繁殖することがあります。ざらついてる壁に多くみられるカビはほおっておくと繁殖が進み見た目にも美しくないので、早めに対処することが望ましいです。

カビ止め剤

カビの繁殖、発生を防ぐための薬剤がカビ止め剤です。すでにカビが発生している壁は、先ず高圧洗浄により汚れをきれいに落とした後にカビ止め剤を塗ります。カビ止め剤はさまざまな菌に効き目がある複合合成剤があり、カビの種類や汚れの状態により選ぶことができます。

カラーシュミレーター

外壁塗装をする際の色選びに便利なシステムがカラーシュミレーターです。塗装工事完了後の状態を画像で確認することができるので、全体的な色合いをイメージしたいときに便利です。業者の独自システムのほか、ウェブ上には無料で公開されているシュミレーターもあります。

顔料(がんりょう)

塗料に含まれる成分の一つであり、塗膜を着色するのに用いられる色料です。顔料は不溶性であり、水にも油にも溶けないという性質をもっています。液体に顔料が溶けて色があるように見えますが、実際には顔料は溶けずに粉末として残っています。顔料には鉱石やサビなどから作られる無機顔料と、石油から作られる有機顔料があります。無機顔料は色の種類は少ないですが耐久性に優れています。有機顔料は鮮やかな色合いになりますが耐

クーリングオフ

契約を締結してから8日以内であれば無条件で契約を解除できるという消費者保護を目的とした制度です。外壁塗装においてはリフォーム専門店などの訪問営業や電話営業で締結してしまった契約に適用することができます。クーリングオフ期間(8日間)を超えてしまった場合やご自身で業者を訪れた場合、ご自身で業者を自宅に呼んだ場合の契約には適用不可となるので注意が必要です。

クラック

外壁にできるひび割れをクラックと呼びます。クラックの種類はヘアークラックと構造クラックがあります。クラックができる原因は雨や風、地震など外部からの影響で起こる場合や乾燥から起きる場合などいろいろあります。

契約書

外壁塗装を塗装業者に依頼する場合には契約書を必ず作成してもらい、内容をよく確認しましょう。口約束だけで作業を進める業者もありますが、後々トラブルが発生した際に面倒なので必ず契約書を交わすようにしましょう。契約書の内容は塗装工事内容や見積もり金額、保証内容などが最も重要なポイントです。

コーキング

コーキングはシーリングとも呼ばれ、サイディング外壁やALC外壁の繋ぎ目部分(目地)の隙間を埋めているゴム状のものを指します。サイディングボードを貼った後に目地に防水性のコーキング剤(合成樹脂など)を埋め込んでいきます。コーキングが劣化するとその隙間から雨が侵入し建物の劣化につながるので早めの対策が必要です。コーキングの打ち直しはこれまでのコーキングを全て取り払い新規でコーリングを埋め込む“打ち増し

高圧洗浄

塗装工事をするのに重要な作業の一つが高圧洗浄です。専用の機械から高圧の水を噴射し壁についた汚れやカビを洗い落とします。汚れがない壁には塗料がよく密着しするため、剥がれや浮きを防ぎ塗装が長持ちします。

工期

工事にかかる期間のことを工期といいますが、通常の外壁塗装工事に要する工期は約8日間といわれています。これよりも明らかに短い工期で終わる場合には手抜き工事である可能性が高いので要注意です。契約を交わす前に工期について業者とよく話す必要がありますし、作業工程について分からないことがあれば確認しておきましょう。

構造クラック

構造的な欠陥が原因でおこるひび割れを構造クラックといいます。地震などの大きな揺れから発生した歪みが外壁に伝わりひび割れを起こします。緊急な対策を必要とするひび割れであり、シーリング材を使っての補修が効果的です。

工務店

工事を総合的に取り仕切る業者のことを工務店といいます。塗装を専門的に行っている業者ではないため、実際に施工するには下請け業者の職人さんに依頼をします。下請け業者の料金にマージンを上乗せして見積もりを作成するため、塗装専門店に依頼するよりも料金が高くなります。

コケ

外壁塗装でよくある劣化症状の一つにコケの発生や増殖があります。水分や胞子があるところに発生し増殖していくので、河川や田んぼ、森林などの自然環境に近い場所ではコケが発生しやすくなります。緊急の対策が必要ということはありませんが、時間が経つごとにコケの繁殖が進むので、悪化する前に高圧洗浄などでコケを落とすなどの対処を施しましょう。

コンクリート

コンクリートとはセメントに水と砂と砂利を混ぜ合わせたものです。コンクリートを利用してできた住居は耐震性に優れている上、遮音、耐火の面でも効果を発揮します。水に影響を受けやすいコンクリートは主にひび割れやカビといった劣化現象が起こります。耐久年数は塗装の種類によって異なりますが、約5年から15年といわれています。

サイディング壁

サイディング壁はサイディングボードという板を貼り合わせて造る壁のことです。サイディングの種類は窯業(ようぎょう)系や金属系、木質系、樹脂系がありますが、中でも最も普及しているのが窒業系サイディングです。以前はモンタル壁の住宅が多くありましたが、現在は手間がかからないことやデザイン性の観点からサイディング壁が主流になっています。サイディング壁の劣化症状としてはボード間の溝を埋めているシーリング材が減

サンプル

外壁の素材や色合いの見本となるのがサンプルです。色を選ぶ際には面積効果(目の錯覚)の影響でイメージしていた色と塗装完了後の色に違いが生じることがあります。その影響を最大限抑えるために出来れば大きめのサンプルを手配し、光の当たり具合の面からもよく確認するようにしましょう。

シリコン系樹脂塗料

シリコン系樹脂を用いた塗料です。耐久性(紫外線や汚れに強い)や親水性に優れており、一般家庭で主に使われる外壁塗料の中ではトップクラスの塗料です。ガラス質で強い塗膜はつやがある反面、場所によってはクラック(ひび割れ)が発生しやすくなります。耐久年数は約10年から13年とコストパフォーマンスの高い塗装です。

シーリング

シーリングはコーキングとも呼ばれ、サイディング外壁やALC外壁の繋ぎ目部分(目地)の隙間を埋めているゴム状のものを指します。サイディングボードを貼った後に目地に防水性のシーリング剤(合成樹脂など)を埋め込んでいきます。シーリングが劣化するとその隙間から雨が侵入し建物の劣化につながるため、早めの対策が必要です。シーリングの打ち直しにはこれまでのシーリングを全て取り払い新規でコーリングを埋め込む打ち増

下地処理

外壁塗装の最重要過程とされるのが下地処理です。下地処理のでき次第で塗装の善し悪しが決まるといっても過言ではありません。下地処理は先ず高圧洗浄で壁についたカビや汚れをきれいに洗い落とします。その後壁を完全に乾燥させ、クラックと呼ばれるひび割れをきれいに補修していきます。シーリングが劣化することにより雨漏りの原因になりますので、こちらも下地処理の際に新しいシーリング材を重鎮しておきます。

下塗り

下塗りとは下地処理が完了した壁にシーラー(強化剤、接着剤)を塗り、下地と塗料をきれいに密着させるための作業です。下塗りをせずに中塗り、上塗りを行うと下地に塗料が吸収されてしまい、余分な塗料を消費するので注意が必要です。

施工(せこう)

工事を行うことを施工といいます。外壁塗装において施工を行うのは塗装職人です。工事の期間中は騒音や塗料の臭いによりご近所に迷惑を掛けることになるので、施工前には必ず挨拶周りにいきましょう。

染料(せんりょう)

塗料に含まれる成分の一つであり、塗膜を着色するのに用いられる色料です。染料は粒子が細かく水やアルコール、溶剤に溶ける性質をもっています。染料には植物染料(天然成分)をはじめ、化学的に合成した合成染料があります。

耐候性(たいこうせい)

対候性とは太陽の光や風量、温度、雨の変化に対する耐久性を指します。塗料の中でも特に耐候性に優れているのは無機塗料です。耐候性の高さは促進耐候性試験の基準によって判断されます。

断熱

断熱とは熱が伝わるのを防ぐことをいいます。外壁塗装では通常の塗料に中空ビーズを含ませることで熱を遮断させるため、夏であれば屋外からの熱(暑さ)を遮断し、冬の時期であれば屋内の熱を屋外に逃がさない効果があります。断熱は節電を目的とした塗装技術として注目されています。

チョーキング

白亜化ともいわれるチョーキングは塗装の表面にある塗膜が劣化することにより起こる現象で、塗料内の顔料が白い粉状になって現れます。強い紫外線や雨風に影響されて起こるため、そのままの状態にして置くと劣化が進みひび割れやカビの発生原因にもなるので注意が必要です。

艶(つや)

光沢度を意味するのが艶であり、塗装の艶の種類は艶なし、3分艶、5分艶、7分艶、艶ありの5種類です。艶があるほど耐久性に優れており、汚れやカビの発生率が少なくなります。塗料の種類によって艶の有無が決まっているので、色選びをする際には艶の度合いを事前に決めておく必要があります。

艶消し塗料

艶を出さないための塗料が艶消し塗料です。艶調整剤(添加物)を混ぜることによって艶なしのマット感を出しているため、艶あり塗料に比べると耐久性が落ちてしまいます。落ち着いた感じの雰囲気を出したいときには艶なしが重宝されます。

塗装

塗装とは、美しく見せるための装飾や保護などが目的で外壁に塗料を塗り塗膜をつくることをいいます。

塗装業者

塗装を専門として事業を行う人たちを塗装業者といいます。有名な大手塗装業者は保証の幅が広く、手抜き工事が少ないといわれています。その反面紹介マージンを取っているため料金が割高になります。地元に根付いたサービスを行う地元の塗装業者は、その土地の天候や環境に合った塗装を熟知しているので安心して依頼することができます。紹介マージンがないので大手塗装業者よりは安い料金で利用できますが、その分保証が短い(ない

塗料

外壁を美しく見せるための装飾や保護などを目的として壁の表面に塗りつける材料のことを塗料といいます。非常に多くの種類がある外壁塗装の塗料ですが、主に利用されるのがアクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料です。

中塗り

中塗りとは下塗り(下地処理が完了した壁にシーラーを塗ること)と上塗りの間に塗る過程を指します。補強を目的としており、上塗りとは同色の塗料を用います。

ニス

ワニスとも呼ばれる塗料で、下地の色に着色顔料が入っていない透明かつ光沢のある膜を付けるための材料です。塗装の仕上がりを綺麗にする以外にも外壁の表面を保護する役割も担っています。

塗り重ね

塗装の工程の中で下地処理をしたあとに下塗り、中塗り、上塗りをしていくことを塗り重ねといいます。通常塗り重ねは3回行いますが、下塗りをした後には長時間乾燥させる時間が必要なので決して1日で終わる作業ではありません。

白亜化(はくあか)

白亜化はチョーキングと呼ばれる外壁の劣化症状の一つです。強い紫外線や雨風にさらされた外壁の表面にある塗膜が劣化することにより起こる現象です。壁に触れると顔料が白い粉状になって手に付きますがこれこそが白亜化の症状です。劣化したままにして置くとひび割れやカビが発生することもあるので早めの対策が必要となります。

ひび割れ

外壁トラックとも呼ばれる外壁の劣化症状の一つです。原因は雨や風、地震の揺れ等の外部からの影響で起こるほか、紫外線による乾燥から起きる場合もあります。ひび割れの種類はヘアークラックと構造クラックとがあり、建物の構造自体に深刻な影響を及ぼす可能性のある構造クラックは早急の対策が必要です。

フッ素系塗料

フッ素系樹脂を用いた塗料です。塗料の中で最も高級かつ優れた品質の塗料ではありますが、一般的な住宅ではあまり利用されず飲食店や航空機、オフィスビルなどの建物に利用されることが大半です。耐久性(耐熱性・耐寒性)にも優れており、耐久年数は約15年から20年です。

ヘアークラック

外壁に起こる小さなひび割れをヘアークラックといいます。ヘアークラックは幅0.3mm以下のひび割れであり、塗膜の劣化により起こります。緊急に補修する必要はありませんが、その亀裂から内側の金属にサビを繁殖させることもあるので、深刻な状況になる前に対処することが大切です。

保証

外壁塗装を業者に依頼する際に重要となるのが保証です。内容は業者により保証可能な範囲が異なりますので、口約束だけでなく書面にて確認しておきましょう。保証期間は塗料の種類によっても変動しますが、自然災害(地震、積雪など)による劣化や変色などの場合は保証対象外になるようです。

マスキング

外壁塗装をする過程でとても重要な作業の一つです。塗装箇所以外の部分(塗らない箇所、窓、植木、ベランダなど)に塗料が飛び散らないように、マスキングテープなどで保護をする作業をマスキングといいます。

マスキングテープ

マスキングをするために使うテープです。外壁塗装用のマスキングテープは粘着性の高さと、塗り終えたあとの剥がし易さも重要です。マスキングは塗装の出来栄えに影響するとても大事な作業なので、マスキングテープも品質の高いものを使用するといいでしょう。

見積書

外壁塗装をする際にどのくらいの費用がかかるのかを塗装業者に依頼して作成してもらうのが見積書です。見積もりはインターネットを介して行う一括見積もりや工務店による見積もり、リフォーム専門店による訪問販売での見積もりなど色々あるので、いくつかの見積書を比較検討することが大事です。

面積効果

サンプルで確認した色と塗装後の色が違ってみえるという現象がよくありますが、これは目の錯覚によりおきる面積効果によるものです。同色であっても小さなサンプルでみると色が濃くみえますが、大きなサンプルでみると色が薄くみえます。塗装前には失敗を避けるために大きめのサンプルでの確認やカラーシュミレーターで全体像を確認しながらの色選びがお勧めです。

モルタル壁

砂とセメント、水を混ぜた材料でできた壁がモタンル壁です。最近ではサイディング壁を施した家が多くなりましたが、以前はモンタル壁でできた家が一般的でした。サイディング壁のような継ぎ目がない分、デザイン性を重視する際にはお勧めです。作業工程が複雑な為価格がサイディングより高く、ひび割れの発生や防水性の低さがデメリットです。

痩せ

外壁塗装での痩せとは、サイディング壁の繋ぎ目部分に埋め込まれているシーリング材に劣化による縮みが生じていることをいいます。シーリング材の劣化が進むと壁の間に隙間が生じ、そこから雨が侵入してくるなどの心配があるため早めに打ち替え工事を行う必要があります。

油性塗料

塗料には油性塗料と水性塗料があります。油性塗料の主な成分は有機溶剤であり、耐久性や耐水性に優れています。外壁の表面への密着度が高い分、水性塗料よりも長持ちするといわれています。油性塗料の種類は溶剤と弱溶剤があり、液型タイプはそのままで使える1型と、主剤と硬化剤を混ぜないと使えない2型があります。

窒業(ようぎょう)系サイディング

セメントと繊維質を混ぜ合せて造った外壁材であり、強度と断熱性に特化しています。モンタル壁と比較するとデザインやカラーの種類が豊富なため、最近の住宅の大半がサイディングを採用しています。サイディングの中でも窯業系サイディングが最も使われていて、耐久年数は約7年から8年です。外壁を触ると手に白い粉が付く現象(チョーキング)やボードとボードの間に重鎮されたシーリングのひび割れや剥れがある場合には塗り替え

養生(ようじょう)

ローラー塗装などの場合にマスキングテープなどを使って塗料の飛び散りを防止することを養生といいます。養生はマスキングとも呼ばれ、窓や植木などにも防止策を施します。外壁の養生をしっかり行っていないと塗り替え後の仕上がり具合にも影響します。マスキングテープとの境界部分がきれいに仕上がっているか、曖昧になっているかは職人さんの技術により異なります。

汚れ

外壁の汚れは雨や風、湿気などが原因で起こります。汚れにくい外壁にするには塗料選びが重要なポイントとなります。耐久性が低い塗料や艶なし塗料、弾性塗料はゴミが付きやすい塗料といわれています。色選びも重要で最も汚れが目立たない色はグレー色です。

ラッカー塗料

乾燥が早いため作業効率がいいとされる溶剤の塗料です。メリットは乾燥が早い点ですが、デメリットは塗膜が薄いため耐候性の面で劣る点やブラッシング(白化現象)を起こす場合がある点です。

リフォーム

住宅の壊れた部分や汚くなった部分、老朽化した部分を新築当時の状況に戻す(改装する)ことをリフォームといいます。外壁リフォームは塗料の塗り替えやサイディングの貼り替え行います。住宅リフォームの中でも外壁リフォームは塗料やサイディングの種類などにより料金が異なりますので、リフォーム専門点や塗装業者などの見積もりをよく比較し決定するようにします。

リフォーム専門店

リフォームを専門的に取り扱う業者であるリフォーム専門店は、住宅の改装や改築が主な業務です。外壁塗装においては予め自社の利益を上乗せした料金で下請けの塗装業者に依頼をし、実際に施工するのは塗装職人となります。住宅への飛び込み営業や電話営業がありますが、即決での契約は後々トラブルになる可能性が高いので気をつけましょう。

ワイヤーブラシ

下地処理の段階で使われるワイヤーブラシは針金で作られているため、サビや汚れ、カビなどを落とす際に重宝します。きれいに汚れを落とすことで外壁の表面に塗料がしっかり密着するようになるため、塗装の耐久性を高める効果があります。
外壁塗装の素材 外壁塗装の基礎知識 外壁塗装の種類工法 外壁塗装のトラブル 外壁塗装の費用料金 外壁塗装業者の選び方 外壁塗装の用語集

スポンサード広告

東京の注目業者

東京の注目業者はこちら