外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

【外壁洗浄】バイオ洗浄とは?そして、その効果とはいかに?

新しい塗料や素材をつかって外壁塗装をするときには、そのまえに必ず外壁についた汚れをきれいに洗い落とすことが大切です。

外壁の洗浄方法でいちばん有名なのが「高圧洗浄」ですよね。しかし、場合によっては高圧洗浄だけでは汚れが落としきれないこともあるって知っていましたか。

このような頑固な汚れにいくら高圧洗浄をしても意味がありません。頑固な汚れには、専用の特別な洗浄剤を使った「バイオ洗浄」と方法を使ったほうかがスムーズに汚れを落とすことができるのです。

 

高圧洗浄よりも強力な「バイオ洗浄」ってなに?

バイオ洗浄

外壁の一般的な洗浄方法は「高圧洗浄」です。DIYで外壁クリーニングをするときにも、家庭用の高圧洗浄機があれば便利です。高圧洗浄機は外壁についた汚れを水圧で一気に落としていく優れものですが、ときには高圧洗浄だけでは落とせない汚れがあるのです。

そこで便利なのが、「バイオ洗浄」です。

バイオ洗浄とは、バイオ洗浄剤という特殊な洗剤を使って汚れを落とす洗浄法です。バイオ洗浄の効果がとくに発揮されるのが、凸凹の外壁に入りこんだカビやコケなどの汚れの除去です。

 

バイオ洗浄って外壁塗装に必要?

バイオ洗浄は、塗装業者が外壁塗装のオプションとして提案してくることが多い洗浄方法です。しかし、場合によってはバイオ洗浄が必要でないこともあるので注意が必要です。

バイオ洗浄が効果を発揮する汚れは、おもに「カビや藻」などの汚れです。

「大気汚染や排気ガスにより付いた汚れには効果が発揮されないので、バイオ洗浄する意味がありません。」

バイオ洗浄の工程では、高圧洗浄を最初と最後で2回します。そのため、バイオ洗浄をすると高圧洗浄だけで洗浄をするときよりも費用が高くなります。バイオ洗浄をする必要性がないと判断できるようなときには、無理にする必要はありません。

また、カビや藻などの汚れがほぼ高圧洗浄だけで落とし切れそうな軽い汚れのときにも、バイオ洗浄をする理由は特にないと考えていいでしょう。

 

バイオ洗浄で外壁をきれいにするメリット

バイオ洗浄をするメリットは、汚れをきれいに除去することで「外壁の耐久性を高められる」ということです。耐久性が高まれば、建物の寿命を延ばす効果もあります。

下塗りや中塗り、上塗りといった塗装では、外壁の洗浄や下地調整の正確さによって、「塗装の仕上がりの良し悪しを左右する」といわれています。外壁にカビや藻などの汚れが残っていれば、そこからまたカビや藻が増殖してしまいます。

それに、外壁に塗料が密着していないと、すぐにまた外壁塗装の塗り替えが必要になる可能性も考えられます。そのため、バイオ洗浄で外壁の凸凹に入りこんだ汚れをしっかり除去して、外壁に塗料がしっかり密着するように下準備をしておく必要があるのです。

 

バイオ洗浄するときの簡単な流れ

バイオ洗浄をするときにはまず、外壁全体を高圧洗浄します。高圧洗浄を行うまえには、汚れが飛び散ることがあるので必ず養生をしておきましょう。

高圧洗浄である程度の汚れは落としておいて、バイオ洗浄剤の浸透をよくするために外壁に十分な水をかけます。バイオ洗浄剤といった特殊な薬剤を使うことで身体に悪影響があるのではと不安に感じる方もいますが、人の身体や環境に優しい製品が多くありますので使用方法を守っていれば悪影響がでることはまずありません。

もし、バイオ洗浄剤がかかってしまうと困るところには、ビニールシートなどでしっかり養生をしておくと安心です。

水で濡れた外壁にバイオ洗浄剤を均等に散布します。散布したあとは、10分ほど放置しておきます。バイオ洗浄剤の力で、汚れが外壁から浮いていきます。浮いた汚れは高圧洗浄機を使って一気に洗い流します。これでバイオ洗浄完了です!

 

 


まとめ

1.高圧洗浄だけで落とせない汚れがある!
2.頑固な汚れはバイオ洗浄がおすすめ!
3.バイオ洗浄剤は汚れを浮かす作用がある!
4.きれいに汚れを落とすと外壁の耐久性がアップする!
5.汚れが残っていると塗料の密着性を損ねる!
6.身体にも環境にもやさしいエコなバイオ洗浄剤がある!
7.バイオ洗浄が必要かどうかは塗装業者に確認してみよう!

 

高圧洗浄機で落とせるくらいの汚れであれば、バイオ洗浄の必要はありません。しかし、頑固な汚れが外壁の凸凹に残っているようでれば、バイオ洗浄を使ってきれいにしたほうが良いかもしれません。そして、高圧洗浄で汚れが十分落ちるのか、バイオ洗浄をしたほうが効果的なのかは、信頼できる塗装業者に確認して判断すると外壁洗浄の失敗を回避することができるでしょう。

関連記事

戻る