外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

外壁塗装をするならいつ?最適な時期や季節について

天気や気候は「外壁塗装の天敵」で、外壁塗装の仕上がりは天気や気候に左右されます!!

はじめて外壁塗装をする人も新築一戸建てを建てる人も、高額な費用がかかる外壁塗装を絶対に失敗したくないですよね。だからこそ、外壁塗装をする時期や季節については、慎重に選ぶことが大切なのです。

 

外壁塗装が季節に左右されるのはどうして?

外壁塗装をするのに適していない天候や季節は?と聞かれたときに、雨が多くて乾燥しにくいとき・・・、といったイメージを持つ人がきっと多いですよね。そのイメージは決して間違えではなく、外壁塗装は季節や天候に影響を受けることが多いのが一般的です。

 

塗料は気温や湿度に影響を受けやすい

天気や気候の変化は、外壁塗装をしたときの仕上がりに大きく影響する可能性があります。それは、塗料の性質が大きく関係していて、気温や湿度などに影響を受けやすいという特徴があるからです。塗料は、気温が低いときや湿度が高いときには乾燥しにくいので、その分作業に時間がかかり、時期によっては塗料にムラが多い仕上がりになることがあります。

 

冬や梅雨は外壁塗装ができないの?

冬や梅雨は外壁塗装ができないの?

外壁塗装で使う「塗料」の性能は、昔に比べて格段にアップしています。このことからも、この時期には塗装ができないということはほとんどなく、天気の良い日であれば基本的にどの季節でも塗装が可能なのです。

しかし、ここで注意したいのが「気温が低い5度以下」のときや、「湿度が85パーセント以上」という日は、塗料がいつも以上に乾きにくくなるため、外壁塗装をする時期としては向いていませんね。

塗装に向いていない日が多い季節といえば、気温が極端に低くなる「冬場の1月や2月」、そのほか湿度が高くなる「梅雨の時期」です。

 

 

それなら…、外壁塗装をする最適な季節はいつなの?

外壁塗装は春や秋がおすすめ!

外壁塗装は春や秋がおすすめ

気温や湿度に影響を受けやすいのが外壁塗装の塗料です。それなら、気温や湿度の影響を受けにくい季節に外壁塗装をしよう!というアイデアが浮かぶのが自然ですよね。

そこでおすすめしたいのが、「春」や「秋」です!

どの季節でも雨は降りますが、気温や湿度が高過ぎず低過ぎずという時期は、春や秋だからこその魅力です。外壁塗装の予約が入りやすいのは、このような時期に集中するので、決まった日程で外壁塗装をしたいというときには乗り遅れることなく、早いうちから計画を進めて行くようにしましょう。

 

それでも、外壁塗装中に雨が降ったらどうするの?

湿度に弱く、乾燥しづらい塗料であれば、気温がとても低い時期や、湿度が高い時期には、なるべく外壁塗装をしたくないですよね。

それでも、気温や湿気の感じもちょうどよくて、外壁塗装のベストシーズンと呼ばれる時期に外壁塗装をしたとしても100%大丈夫!という確証が持てないのです。この時期が一番いいと思ってお願いしたいのに、作業当日に雨が降ってしまうこともあるからです。

もし万が一、作業当日に雨が降ってしまったら、もちろん作業を中断しなくてはなりませんね。ということは、雨が降っているのに作業を無理に進めるような業者には注意しなくてはいけません。

雨のほかにも、風が強い日も作業員が転落する危険性があるので、作業を中断することがあります。急な天気の崩れで作業が中断したり、中止になったりするのは外壁塗装では少なくありません。そのようなときでも、きちんと対応をしてくれる塗装業者や塗装職人であれば、状況をよく見ながら適切な作業を進めてくれるので安心です。

 

 

失敗しないために!外壁塗装をする時期の注意点

注意① 外壁塗装を中断するときには注意しよう!

悪天候により外壁塗装が中断するときがありますよね。このような時には、晴れの日が続いていても急に雨が降ることもありますし、強い風が吹くこともあります。

外壁塗装の仕上がりを第一に考える業者や塗装職人であれば、塗装に適さない気温や湿度の日には、自ら作業の中断を打診してくるはずです。

 

注意② 悪質な業者の手抜き作業に注意しよう!

それでも中には、少しくらいの雨であればと全然大丈夫と作業を進めてしまったり、塗料が乾き切っていないのに次の塗料を塗ってしまったりと、悪質な作業をする業者が残念ながら中にはいるのです。

このような作業をすることを、「手抜き作業」ということがあります。手抜き作業をされてしまうと塗装の耐久性が落ちたり、塗装にムレが生じてしまったりするため、すぐにまた塗装が必要になることもあるのでとても危険です。

このような事態に巻き込まれないためには、業者に任せっきりにするのではなくて天候を見ながら、中断する必要があると感じたときには、業者や職人さんに作業の中断や中止を相談してみることが大切です。

 

注意③ 外壁塗装のベストシーズンはお早めに!

ベストシーズンと呼ばれる春や秋に外壁塗装をしようかと検討しているときは、早めに見積もりを業者から取り寄せるようにしましょう。

どのような外壁塗装にするかで塗料や外壁材の選び方が変わってきます。業者との打ち合わせが長引くこともあるので、外壁塗装をしようと思う時期を決められるのであれば、数カ月前には見積もりをもらっておくと安心です。

見積もりは一つではなく、いくつかの業者に依頼する人も多いですよね。複数の見積書をよく比較しながらじっくり検討して、数カ月後に作業を開始できるように計画的に準備を進めていきましょう。

 

 


今回の内容をまとめると・・・

1.外壁塗装の仕上がりは天候に左右される!
2.絶対避けたいのは気温が5度以下で湿度が85パーセント以上のとき!
3.梅雨や1月や2月はできれば避けたい!
4.水に強くて乾燥しやすい塗料が開発されて以前よりは季節に左右されない!
5.外壁塗装のベストシーズンは春や秋!
6.雨が降ったら作業の中断や中止を相談しよう!
7.悪質な業者の手抜き作業に気をつけよう!

 

外壁塗装をするならいつ?という素朴な疑問について、おすすめの季節や時期、どうして天候に左右されてやすいのか、そして外壁塗装の時期についての注意点などを色々とご紹介していきました。

はじめて外壁塗装をする人も、二度目の外壁塗装をする人も、知っていて損はない情報ばかりです。このような情報を多く知ることで失敗を未然に回避し、きっと大満足の外壁塗装を実現させることができるでしょう。

関連記事

戻る