外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

屋根塗装をする前に知っておきたい!塗料選びのポイント

普段は目にみえない屋根ですが、一戸建て住宅の中でいちばん経年劣化が進んでいるってことを、みなさん知っていましたか。

このことを知っていたという人は、外壁塗装をするついでに「屋根塗装」いっしょに塗装し直そうと考えているかもしれません。

外壁塗装をするにあたり、塗料選びはとても重要なことです。そして、とくに劣化が激しいといわれる屋根の塗装もまた、塗料選びがとても需要なポイントになるのです。屋根塗装を成功させるための、「最適な塗料」や「選ぶときのポイント」などをご紹介していきます。

 

屋根塗装を成功させるための最適な塗料とは?

ここ最近、屋根塗装でよく使われている塗料は、「シリコン系塗料」や「フッ素系塗料」です。

 

屋根には、最低でも「シリコン系塗料」を選ぼう!

屋根塗装で人気のシリコン系塗料は、外壁塗装で使われるシリコン系塗料と同じく、高すぎずに安過ぎないちょうどいい価格に対しての耐用年数、そして耐久性の高さなど、全体的にとてもバランスがとれていることから、コストパフォーマンスの高い塗料であると言われています。

周囲の環境や、外的な影響を受けやすい屋根には、「最低でもシリコン系塗料レベル」で塗装することが理想です。

 

屋根は劣化が早い、だから「フッ素系塗料」を選ぶとさらにいい!

外壁の経年劣化にくらべると、屋根の方がさらに劣化のスピードが速く進むといわれています。例えば、外壁はまだ塗り替えの必要がないのに、屋根は劣化がひどくて塗り替えが必要になることがあります。そのため、外壁にシリコン系塗料を使ったときには、屋根にはさらに上の「フッ素系塗料を使用する」といいでしょう。

外壁塗装するにも、屋根塗装するにも、足場の組み立てが必要になります。そのため、どちらの塗装も同じ時期にすることがベストです。屋根の塗装周期を、外壁の塗装周期に合わせるためには、「屋根にはさらに良い塗料を使うことがポイント」です。

 

屋根塗装の効果をさらに高めるための「塗料選び」

屋根塗装の効果をさらに高めるための「塗料選び」

屋根の寿命を延ばすことは、家の寿命を延ばすことといっても過言ではありません。そのため、屋根塗装で使う塗料選びはとても慎重になる必要があります。

屋根塗装のための塗料を選ぶときには、シリコン系塗料やフッ素系塗料がよく使用されていますが、その他にも「耐水性」や「遮熱効果」、そして「断熱効果」といった特性を追加することで、さらに耐久性に優れた屋根を作りだすことができます。

屋根の耐水性を高めると、雨による雨漏りを防ぐ効果があります。そして、遮熱効果や断熱効果は節電のほか、自然環境に配慮した塗装としても重要な役割を担っているのです。

 

屋根塗装は、職人の技で差がでる!

屋根塗装は、塗料選びだけでなく、「職人の技」によって出来栄えに差が生じることがあります。

外壁塗装は、作業のようすをある程度は目で確認して、仕上がりのも目視で確認することができます。しかし、屋根塗装の場合は、実際に足場を使って屋根に上るか、出来上がりのようすを写真で撮ってもらうかしか、出来栄えを確認する手段がありません。そのため、本当にきちんと塗装が行われているのか、品の高い屋根塗装に仕上がっているのかどうかは、数年してみないと分からないのが現実です。

だからこそ、適切な塗料を選ぶのはもちろんのこと、その塗料の良さを最大限に発揮できる技量を持った塗装職人に依頼ができるように神経を研ぎ澄まさなければならないのです。

万が一、手抜き作業がされていたときには、数年で雨漏りや塗装の剥がれといった劣化症状が起こることもあるので十分に注意が必要です。

 

 


まとめ

1.屋根塗装でメジャーな塗料は、シリコン系やフッ素系!
2.屋根には外壁よりもワンランク上の塗料を選ぶ!
3.塗料選びを工夫して、外壁と屋根の塗装周期を合わせる!
4.耐水性や遮熱効果、断熱効果があるとさらに耐久性アップ!
5.塗料の効果を発揮させられるかは、職人さんの腕次第!

 

長く暮らせる家をキープするためには、定期的な外壁塗装が必要になることが分かります。そして、ここで忘れてはならないのが、「屋根塗装」の重要性です。

劣化が激しい屋根なので、強く耐久性に富んだ塗料選びをすることは必要不可欠なことです。外壁塗装と同様に、屋根塗装でも失敗のない「塗料選び」をするためには、屋根にとってどのような塗料が最適なのか、そして塗装によりどのような効果を屋根に持たせたいのかを考えることがとても重要になってくるでしょう。

関連記事

戻る