外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

弾性塗料とは?モンタル外壁のクラック対策のための塗料

だれでもすぐにチェックできるので、今すぐご自宅の外壁を見てみてください!場合によっては、外壁に小さなヒビや亀裂のようなものが入っていませんか?

それこそが、外壁の経年劣化といわれる「クラック」という症状です。

外壁に使っている外壁素材や外壁塗料の種類によっては、目でみても分かるほどのヒビ割れが生じやすくなります。クラックを放置していると、雨漏りやカビなどの汚れが発生することもあれば、建物の構造を支えている内部の木材素材や鉄素材にも悪影響を引き起こす可能性もあるので、早めの対策が必要です。

今回は、そのクラックという外壁の経年劣化に効果があるとされる「弾性塗料」について色々とみていきましょう。

 

外壁クラックに強い「弾性塗料」とは?

外壁塗装に使える塗料の種類は、さまざまな効果や性能をもつ製品が多数開発されています。そこで今回は、発生しやすい外壁の経年劣化の一つである「クラック」というヒビ割れに効果を発揮する「弾性塗料」についてご紹介します。

 

弾性塗料の特徴

弾性塗料の特徴

「弾性塗料」とは、ほかの塗料にくらべ「弾力性」に優れていることが大きな特徴の塗料です。ゴムのようによく伸びることから、外壁の経年劣化であるクラック(ヒビ割れ)が起こりやすい外壁によく使用される塗料です。

 

弾性塗料の種類

弾性塗料には、いろいろな種類があります。弾性塗料の主な種類に、「シリコン系弾性塗料」や「フッ素系弾性塗料」、そして「アクリル系弾性塗料」などがあります。どの種類の弾性塗料を使うかによって、性能や効果が大きく異なります。

 

・シリコン系弾性塗料(水性)
「シリコン系弾性塗料(水性)」には、防汚性や耐候性、防カビ、防藻、防水など、さまざまな特徴があります。

 

・フッ素系弾性塗料(水性)
そして、フッ素系弾性塗料(水性)には、耐水性や高耐候性が高いといった特徴があります。

 

・アクリル系弾性塗料
さらに、アクリル系弾性塗料は、高い耐久性や防水性といった特徴があります。

 

これらの弾性塗料は、複層弾性仕上げや単層弾性仕上げ、微弾性仕上げなど、塗装工法を適切に選ぶことで、塗料それぞれの特性を活かした外壁に仕上げることができます。

 

クラックが起きやすいモンタル外壁

クラックが生じやすい外壁の種類は、「モンタル外壁」です。

現在の新築一戸建て住宅の多くが、サイディングボードやシーリング材で作るサイディング外壁が主流ですが、それ以前までは、モンタル外壁がよく使われていた外壁素材でした。しかし、モンタル外壁はクラックが生じやすいという性質により耐震強度に不安があることから、近年はほとんど使われることがなくなりました。

弾性塗料は、そんなモンタル外壁の弱点を補うために使用される外壁塗料であり、塗装職人の高度な塗装技術によっては効果に大きな差が生じるともいわれています。

 

 

モンタル外壁に弾性塗料のメリットとデメリット

弾性塗料を使うメリットとは?

弾性塗料をモンタル外壁に使うメリットは、外壁に起きているクラックが小さなヒビ割れや亀裂だったときには、「雨水や湿気を外壁の中にしみ込ませないようにする効果がある」という点です。

モンタル外壁のようなクラックが入りやすい性質をもつ外壁は、年月が経てばどうしても小さなクラックがところどことで起きてしまいます。クラックが多くなり、ひどくなることで問題になってくるのは、ヒビ割れの隙間から水分が入りこんでしまい、カビや藻などの汚れを発生させること、そして建物の構造を支えている外壁の内部に悪影響を与える可能性があることです。

このような最悪の事態を起こさないためにも、早めに弾性塗料を使って対処することが大切なのです。

 

一方で、弾性塗料を使うデメリットとは?

弾性塗料を使うデメリット

弾性塗料のメリットでもあるクラックのすき間から水分を入り込ませないための性質が、場合によってはデメリットになることがあります。

それは、弾性塗料は通気性が優れた塗料ではないため、「外壁の中で生じている湿気を外壁の外へ放出することができない」という特徴があるからです。

弾性塗料のデメリットは、このように外壁の内部で生じている湿気が放出されずにこもってしまいます。そうすると、外に放出できなくなった湿気が原因で、外壁塗装の内側から弾性塗料の塗膜が膨らんでしまい、外壁に凹凸とした膨らみができてしまうのです。

弾性塗料の効果により、モンタル外壁にクラックを生じさせないようにはできますが、こういった凸凹の発生により外壁の美観を損なうというデメリットがあるのです。

 


まとめ

1.モンタル外壁はクラック(ヒビ割れ)が生じやすい!
2.クラック対策には弾性塗料!
3.弾性塗料は弾力性に優れた塗料!
4.ヒビ割れを塞いで、外部からの水の浸入を防ぐ!
5.弾性塗料を使うことで外壁が凸凹になることがある!
6.弾性塗料は種類や工法をいろいろと選べる!

 

暮らしやすいマイホームを作るためには、内装ばかりに気を取られてしまいがちです。実際には、その快適な暮らしを守っている大きな役目を果たしているのが「外壁」なのです。

外壁は常に強い雨や強風、紫外線などの外壁影響を受けているため、年月の経過とともに経年劣化が起きています。

今回は、モンタル外壁に起こりやすい「クラック」という劣化に対処するための、「弾性塗料」についてご紹介しました。外壁素材や塗料には、それぞれメリットやデメリットになることがあるため、その特徴をよく抑えたうえで適切な対処を行うことが外壁を守るため、そして大切なマイホームの寿命を延ばすためには必要不可欠なことだといえるのです。

関連記事

戻る