外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

耐久性や耐候性に優れた新しい塗料「無機塗料」ってなに?

これからはじめて外壁塗装をしようとしている人の中には、塗装業者から「メンテナンスフリーの無機塗料っていうのを薦められたけど、この塗料ってなに?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

さきに誤解のないようにいっておくと、今の段階で「メンテナンスフリー塗料はありません」!!メンテナンスフリーの無機塗料という営業トークは、大げさですし、あまり信用できません。メンテナンスフリーというよりは、耐久性に非常に優れている塗料といったほうが合っています。

ここでは、そもそも無機塗料ってどんな塗料なのか、そして無機塗料を使うことのメリットやデメリット、そして気になる価格相場などをいろいろと説明しています。

 

 

耐用年数は20年以上!?「無機塗料」ってどんな塗料だろう

外壁塗装の塗料について色々調べているという人の中には、「無機塗料」という塗料を聞いた、または目にしたことがあるのではないでしょうか。

無機塗料は、無機系塗料や有機無機ハイブリッド塗料、そしてセラミック塗料などと呼ばれることがある塗料です。その名のとおり、「無機物」を配合して作られた塗料です。

 

無機塗料の優れた特徴とは?

無機塗料は、耐候性に優れた塗料として最近よく注目されることが多い塗料です。塗装業者の営業トークにもよく話題が及ぶこともあることからも、その注目度はとても高いといえます。

 

特徴① 無機物が配合されている

無機塗料の優れた特徴は、「無機物が配合されている」ということです。無機物100%のままでは固まらないので、有機物でできた通常の塗料に無機物を配合させて無機塗料は作られています。

 

特徴② 耐久性や耐候性の高さ

無機物が配合されていることから、無機塗料は「耐久性の高さ」をはじめ、「家の寿命を延ばす効果」があるとされています。

また、紫外線や雨などの影響をほとんど受けないため、塗装の色褪せといった経年劣化がほとんど起こりません。これは、無機塗料が「耐候性に優れている」という特徴を持っているからこその魅力です。

 

特徴③ 耐用年数は20年以上!?

開発メーカーによって、無機塗料の耐久年数は「20年以上」とされるほどです。

無機物だけでは全く粘着力がないので、有機塗料に含むことで無機塗料という名の塗料を作ります。そのため、選んだ有機塗料の種類によって、耐用年数や耐久性が大きく左右されるといえるのです。

 

 

無機塗料を使った外壁塗装のメリットとは?

無機塗料を使った外壁塗装

無機塗料の最大のメリットは、「耐候性に優れている」ということです。

外壁塗装で使われる塗料の最大の弱点は、紫外線にとても弱いということです。塗料の種類によっては、紫外線の影響で塗膜がダメージを受けやすいため、5年ほどで塗り替えが必要になることもあります。

無機物を含めた塗料を使っていれば、強い紫外線や雨による影響を受けにくいため、厳しい環境に家が経っている人にとっては、最強の塗料であるといえるでしょう。

そのほか、無機塗料は「防汚性に優れた塗料」であるといえます。美観を損ねてしまう大気汚染や、カビや藻などの汚れを防止することができます。

 

無機塗料のデメリットとは?

耐候性に優れた無機塗料ですが、有機塗料と比較すると「価格が高い」ことがデメリットといえます。

耐用年数が長いことや耐久性、耐候性に優れていることから価格が高額になりやすいのですが、お手軽に使える塗料ではないのもたしかです。

また、高い耐候性をもった塗料である反面、「メンテナンスフリーではない」ということを覚えておきましょう。

無機塗料といわれる塗料は、無機物100%といった塗料はありません。無機塗料には有機物も含まれているので、時間が経つことで塗膜に劣化が生じてきます。だからこそ時期をみながら定期的に塗装の塗り替えや、必要であれば修復作業が必要になります。

 

無機塗料の価格相場ってどのくらい?

無機塗料の特徴の一つに、価格が高額であることをお伝えしました。無機塗料はまだそれほど普及が進んでいない新しい塗料であるうえ、得られる効果も多いことから、必然的に価格が高額になるのです。

外壁塗装に無機塗料を使ったときの平均的な価格相場は、30坪の住宅で140万円~200万円ほどとされています。初期費用は高額になりますが、将来的にかかるだろうメンテナンス費用などを含めトータルコストで考えると、ほかの塗料を使ったときとそれほど費用に大差はないでしょう。

 

新しい塗料は確かな知識をもった職人さんに任せよう!

外壁塗装に無機塗料を使うと、それだけ高額な初期費用がかかるので、費用対効果の高さを願わずにはいられません。無機塗料の効果を最大限に引きだすためには、塗料の力だけでなく、塗装をする「職人さんの技」による所が多いとされています。

長い経験のもつ職人さんであれば誰もが作業できるわけではなく、無機塗料の性質や特徴、施工方法などをよく熟知して、無機塗料を使った塗装経験を多く積んでいる職人さんにこそ、安心して依頼できるのです。無機塗料を使った外壁塗装を検討しているのであれば、まずは無機塗料に詳しい専門業者を見つけることから始めるようにしましょう。

 

 


まとめ

1.無機塗料はメンテナンスフリーじゃない!定期的なメンテナンスは必須!
2.耐用年数は20年以上の製品もある!
3.無機塗料には、無機物と有機物がどちらも含まれている!
4.耐久性や耐候性の高さに定評がある!
5.初期費用は高いけど、トータルコストは抑えられる!
6.30坪の住宅の価格相場は140~200万円ほど!
7.無機塗料に詳しい業者や職人さんに依頼しよう!

 

今回ご紹介した「無機塗料」のような新しい塗料は、とにかく耐久性や耐候性に優れている製品が多くなっています。まだ普及が始まって間もないことから、価格は高額になる傾向にありますが、その分塗装して得られる効果はたくさんあります。

新しい塗料や素材などを使うときには、周囲で実際に使っている人も少ないので、自分自身で塗料の情報を探してくるしかありません。そして、業者の中でもその新しい塗料をいち早く取り入れて、どこよりも経験を積んだ職人さんがいればそれだけでとても頼もしい存在といえるでしょう。

無機塗料のような新しい塗料を使いたいと思ったら、これまで以上に情報収集を行い、失敗のない外壁塗装になるように工夫していきましょう。

関連記事

戻る