外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

4回塗りで耐久性をアップさせる「ダイヤモンドコート」とは?

ダイヤモンドのような外壁塗装を実現させた製品、それが「ダイヤモンドコート」です。

はじめて知った人も、ちょっと耳にして気になっていた人も、これを読めばダイヤモンドコートの基本を知ることができますよ。

 

ダイヤモンドコートって何だろう?

たくさんの効果があるダイヤモンドコート

ダイヤモンドコートの特徴は、耐久性の高さや色褪せの少なさ、雨水などの自然の力を使って自動で汚れを洗い落とす機能(超親水性性能)、紫外線から外壁を守るUV機能、塗り替えあとの見た目の美しさ、そして耐用年数の長さなど、塗装したことによる効果がたくさんあります。

 

塗装ができる業者はメーカー認定が必要

ダイヤモンドコートを使った塗装ができる塗装業者は、開発メーカーからの認定を受けている業者に限られています。そのため、認定業者に依頼すれば、その確かな技術をもって失敗のない外壁塗装をしてもらうことができます。さらにダイヤモンドコートには、安心の3年間保証が付いているため、問題が生じたときには保証範囲内であれば対応してもらうことができます。

 

「4回塗り」で耐久性アップさせられるダイヤモンドコート

ダイヤモンドコート

ダイヤモンドコートが超耐久性塗料いわれる所以、それは、通常の外壁塗装が3回塗りであるのに対し、ダイヤモンドコートでは「4回塗り」を採用しているためです。

1回目、2回目、3回目と塗料を塗ったあとに、4回目の『UVカットクリヤーコーティング』を塗ります。UVカットクリヤーコーティングは、紫外線から建物の外壁を守るために大きな役割を果たしています。

通常なら10年も過ぎると、確実に経年劣化によるチョーキング(白い粉)が外壁についてしまいます。しかし、ダイヤモンドコートのUVカットクリヤーコーティングを施していると、外壁を紫外線から守ることができるので、10年経ってからでもチョーキング現象が起こらないのです。尚、ダイヤモンドコートの耐用年数は、15年以上といわれています。

 

高機能ゆえの高価格!ダイヤモンドコートにかかる費用

高機能、そして耐用年数が長いということで、ダイヤモンドコートを使った外壁塗装にかかる費用はとても高額です。一般的な大きさの住宅であっても100万円以上はかかるため、初期費用は経済的に大きな負担になります。

それでも、ダイヤモンドコートにすれば10年経っても新築のような、そして塗り替えしたばかりの家のような外壁をキープできるのです。このことからも分かるように、ダイヤモンドコートは、ほかの塗装では真似できない「コストパフォーマンスに富んだ塗装」であるといえるのです。

安い塗料を使って塗装をしても、数年後もしくは10年以内に一度は塗装の塗り替えが必要になります。一方で、ダイヤモンドコートを使った外壁は塗り替え頻度が格段に少ないため、家の寿命を考えると総合的にかかる費用は案外安く抑えられる可能性があるのです。

 

ダイヤモンドコートの作業開始までの工程

ダイヤモンドコートは、すべての塗装業者が取り扱っているわけではなく、開発メーカーから認定を受けた業者のみが取り扱っています。

ダイヤモンドコートで塗装したいと考えているのであれば、まずは①ダイヤモンドコートを扱う業者を探すことから始めらなければいけません。

業者を見つけたあとは、実際に一度②見積りを取り寄せます。見積もり内容に問題がなければ、業者の担当者が③外壁の状態をチェックしに現場を訪れます。

外壁の状態を確認したあとは、実際に作業計画を作成した上で④改めて見積もりを作成します。最終的に見積もりをよく確認したあとは、塗装業者と⑤正式な契約を交わし、施工開始の日を待ちます。

契約をする前の段階では費用が生じていないので、疑問があるときには質問をして不安な点を解消しておきましょう。

 

 


まとめ

外壁塗装で使う塗料や素材は、日に日にその種類が増えています。その中の一つが、今回ご紹介した「ダイヤモンドコート」であり、4回塗りをして耐久性を高めたり、塗装をしたことで得られるメリットが多かったりと、外壁塗装をする人にとっては嬉しいことばかりです。

どのような外壁塗装をするにしても、その効果やメリット、費用、作業工程などを施主自身がよく理解しておくことで、失敗のない外壁塗装を実現することができます。選択肢は本当にたくさんあります。後悔することがなく、最善と思える方法を色々と考えながら選んでいくことが何よりも大切なことなのです。

関連記事

戻る