外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

外壁塗装の色選びで絶対失敗しないためのコツ

,

高いコストをかけて外壁塗装をするなら、美しい外壁にするための「色選び」をしたいですよね!

そこで今回は、外壁塗装の塗料選びでもとても大切なポイントになる「色」に着目して、失敗する理由や後悔しないための対策についてご紹介します!色ひとつとっても印象がガラッと変わりますので、後悔のない色選びにしていきましょう。

 

色の選び方

 

色選びに失敗する理由って何だろう?

外壁塗装の業者とのトラブルには、今回注目している「色」に関する問題も大きな問題に発展することがあります。お願いしていた外壁の色と、実際に塗装を終えたあとの外壁の色をみてみると、明らかに色が違ってみえてショック・・・、といったことです。

色選びに失敗してしまう主な原因には、つぎで紹介する「面積効果」と「光の度合い」が大きく関係しています。

 

「面積効果」によって色が違ってみえる

面積効果」とは、塗装面積の大小によって色の見え方が変わる効果のことをいいます。たとえば、大きいサイズのパネルと小さいサイズのパネルの二つを用意して、どちらも同じ色の塗料を使って塗装をします。塗装をした二つのパネルを横並びにして見比べてみたら、小さい方が大きい方よりも色が濃く感じることがあるのです。

これは、面積効果による「目の錯覚」による見え方の違いです。

 

「光の当たり方」によって色が違って見える

面積効果のほかにも「光の度合い」によって色が違ってみえることがあるので注意が必要です。

たとえば、日中の日が差している部分と、日が届かずに影になっている部分では、同じ色の塗料で塗装をしていても見え方がかなり違っています。曇り空の下では外壁が少し暗くみえますし、天気の良い日は外壁がとても明るくみえたりします。これも目の錯覚による見え方の違いです。

 

色選びを失敗しないための対策!!

面積効果や光の度合いによる目の錯覚を理解したうえで、色選びをすることが大切です。そして、実際に色を選ぶときには「小さいサンプルではなく大きめのサンプルで確認する」ようにしましょう。

面積効果による目の錯覚が起きることがあるので、サンプルは大きければ大きいほど、外壁塗装の仕上がりをイメージしていた色に近づけることができるでしょう。業者によってカラーシュミレーターを使って塗装後の全体像をみることもできるので、積極的に活用しましょう。

また、光の度合いによる目の錯覚については、かならず太陽の日が射している天気のいい日、そして曇りや雨の日などの天気の悪い日、そして朝方や夕方など、「いろいろな天気や時刻のときにサンプルをチェック」して見え方の違いを確認しておきましょう。

もしも、サンプルだけではうまくイメージができないというときには、実際に似たような色で塗装をしている「住宅の外壁を参考にしてみる」のもいいでしょう。

 

 


まとめ

外壁塗装で色選びに失敗しないためには、まずは失敗する原因を知ること、そして失敗をしないように対策を練ることが大切です。同じ塗料を使っているのに目の錯覚が原因で仕上がりとイメージが全然違ったといったことがないように、サンプルをよく確認しながら慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事

戻る