外壁塗装BIZ

外壁塗装BIZ
塗り替え塗装の相場・価格・費用・見積もりなどリフォーム情報を紹介

MENU

雨は外壁塗装の大敵!?作業しないほうがいいって本当?

外壁塗装の大敵、それは「雨」です!!

雨が降っているときの外壁塗装は、スケジュール変更が難しいとしても極力しないようにおすすめします。もしも、無理やり作業を続けようとしている業者がいれば要注意です。

雨の日に外壁塗装をする危険や、その注意点について理解することで、雨がどれほど外壁塗装と相性が悪いかを知ることができます。

 

雨の日に外壁塗装をしてはいけない理由とは?

雨の日に作業はしない

屋外での作業をする外壁塗装は、「雨の日には不向き」ということは何となく想像がつきますよね。

ほんとうにそのとおりで、外壁塗装をするなら極力雨の日は避けましょう。そして、雨の日に作業が進まないように事前に業者にお願いしておくことも大切です。

 

外壁塗装を避けたほうがいい天候がある!

これから外壁塗装をしようときに事前に知っておきたいこと、それが「天候」に関することです。

外壁塗装の基本として、「気温5度以下、湿度85%以上のときは塗装を避ける」ということを覚えておきましょう!!

これは、外壁塗装業者や塗装職人だけでなく、外壁塗装を依頼した施主自身もぜったいに覚えておきたいポイントです。

 

雨の日に外壁塗装をしたときの影響は?

外壁塗装の基本である気温や湿度を忘れてしまっても、「雨が降ったら外壁塗装はしない!」ということは鉄則です。

それがなぜかというと、雨が降っているのに塗装をしてしまうと、せっかく塗料を塗っても雨水が洗い流してしまい塗りムラが起きてしまうからです。それに、塗料が外壁の表面にしっかり密着しないので、すぐにまたヒビ割れ塗膜が剥がれやすくなってしまうのです。これでは、大金を払って外壁塗装をした意味がないですよね。

高価で品質の高い塗料を使っていても雨の日に作業をしたことで、平均的な耐用年数よりもはるかに短い周期でまた塗装の塗り替えや張り替えが必要になってしまうのです。

また、雨の日に作業をすると、作業員が足を滑らせて転倒してしまう危険性がとても高くなります。足場の組み立てや養生といった作業は雨の日でもできるようですが、作業員の安全面を考慮しながらおこなう業者はすべての作業を延期して、天気の良い日に作業を再開することがあるようです。

 

雨で延期されると追加費用がかかる?

雨が降った日には原則、外壁塗装をしません。作業を延期すると、それだけ作業にかかる日数が延びてしまいます。そこで気になるのが、延期された日数に対して追加の費用が発生するか、ということです。

一般的な塗装業者であれば、天候不順で作業期間が延びたとしても追加費用がかかることはまずありません。というのも、雨が降るか降らないかは誰にも分からないからです。

業者によっては、足場の器材やそのほかの道具をほかの業者にレンタルしていることから、作業を延期したがらないことがあります。だからこそ、雨の日でも無理やり作業を進めてしまうといったようなトラブルが生じることがあるのです。

このようなトラブルに巻き込まれないためには、雨が降ったときの対応についても契約前によく確認して、きちんと約束ごとを決めておくようにしましょう。

 

雨が降りそうな時期は外壁塗装を避ける!

雨が降ってしまえば、それは作業スケジュールの変更を余儀なくされるということですよね。スケジュールが変更になると一番困るのは、施主自身です。だからこそ、「雨が降りそうな時期は外壁塗装を避ける」という対策が大切なのです。

雨が降りやすそうな時期や、気温が5度以下、湿度が85%以上の時期は塗装を避けましょう。外壁塗装を避けたい時期とは、主に「梅雨の時期」や気温が低い「冬の時期」などです。

 

外壁塗装中に雨が降ったときの対処法

天気予報で降水確率が高いと知ったときには、①早いうちに作業の延期を判断するといいでしょう。もしも、業者から作業延期についての連絡が入らない場合には、契約者である施主自身が業者に連絡をして作業の延期を相談してみるのも良いでしょう。

外壁塗装中に雨が降ってきたときは、②完全に雨が止んで外壁が完全に乾燥したあとに塗り替え作業を再開します。

業者によっては、小雨程度だからと作業を続けられることがあります。このような状況で塗装作業を進めても、仕上がった塗膜はたいへん脆くて壊れやすく、耐用年数が長い塗料を使っていても数年後には塗膜剥がれや、ヒビ割れが発生してしまう耐久性の低い外壁になってしまうので注意が必要です。

 

 


まとめ

1.雨の日の外壁塗装は極力回避する!
2.気温5度以下、湿度85%以上のときは外壁塗装を避ける!
3.雨の日に塗装をすると、塗膜剥がれやヒビ割れの原因になる!
4.雨の日に外壁塗装を実行すると、耐久性が弱まる!
5.天候不順による作業の延期に追加費用はかからないのが基本!
6.業者により対応が違うので、雨が降ったときの対処法を事前に確認する!

 

雨の日に外壁塗装をするということは、今回ご紹介したように良いことはありません。作業当日に雨が降ったときや、作業中に雨が降ったときの対処法などを、塗装業者に事前によく確認しておくことでトラブルに巻き込まれる可能性を回避することができるでしょう。

それに、スケジュールに余裕がない方は、雨が降って作業が延期になることを防ぐために、できるだけ雨が降りやすいような時期や塗料が乾きにくいような時期には外壁塗装をしないほうが安心といえますね。

関連記事

戻る